パパ活

パパ活サイト「SugarDaddy(シュガーダディ)」と「paters(ペイターズ)」を徹底比較!どっちに登録する?

更新日:

「ワンランク上の上質な出会い」をテーマとした「SugarDaddy」、パパ活特化サイトとして運営をしている「paters」。

どちらのサイトも若い女性や高収入な男性が多く、パパ活をするのに登録必須のサイトとなっています。

ではそんなシュガーダディとペイターズですが、どのような違いがあるのか比較してまとめました。

SugarDaddyとは?

シュガーダディは、検索機能や掲示板などを使ってお相手を探し、気になる人が見つかればメッセージを送信し、やり取りを始めます。

通常のマッチングアプリのように、「いいね」を送り合ってマッチングしなければメッセージを送れない…ということはなく、誰にでもメッセージを送信することができます

パパ活サイトとして使っている人が多く、プロフィールや掲示板書き込みに「パパ」という言葉を使っている人も一定数見受けられます。

既婚者のユーザーもある程度いますので、真剣な恋活というよりは、パパ活やライトな出会いを求めている人に向いているサイトです。

SugarDaddy概要
運営会社 シナプスコンサルティング株式会社
リリース日 2015年
会員数 未公開
登録料金 無料
登録方法 メールアドレス

SugarDaddyの特徴

  • 掲示板が使える
  • デート可能日を登録しておける
  • 男性は年収証明をすることができる
  • 年収証明をしている男性に絞って検索できる
  • 顔写真登録している男性が少ない
  • マッチング機能がない・誰にでもメッセージ送信が可能

シュガーダディの利点は掲示板が使えることです。例えば「ディナーいきたい」カテゴリを選び、「東京でごはん連れてってください!」みたいに書き込みをしておくと、それを見た男性からメッセージが飛んできます。

難点としては、女性は顔写真登録をしている人がほとんどなのですが、男性は顔写真登録をしている人が非常に少ないです。

patersとは?

ペイターズはパパ活に特化したオンライン交際クラブです。

サイト上でお相手を探し、気になる人がいたら「いいね」を送り、相手も「いいね」を返してくれればマッチングが成立しメッセージやり取りができるようになります。

パパ活特化サイトというだけあって、登録しているユーザーのほとんどがパパ活を目的としています。

女性会員は24歳以下の若い人が多く、男性会員は経済的にハイステータスな人が多いのが特徴です。

そして女性会員はサイトを無料で利用することができます。まさにパパ活女子にとってはうってつけのサイトですね。

paters概要
運営会社 株式会社paters
リリース日 2017年4月
会員数 未公開
登録料金 無料
登録方法 電話番号認証

patersの特徴

  • マッチング成立後にメッセージ送信が可能
  • 相手の「いいね!」数を見ることができる
  • 男性は所得証明をすることができる
  • 顔写真登録をしている男性が多い
  • 検索の際、詳細な条件を指定できる

ペイターズでは相手の「いいね!」数を見ることができます。これでその人の人気度を測ることができるんですね。

女性も男性も半数以上が顔写真登録をしています。複数枚アップしている人も見受けられますし、ペイターズでは顔写真登録は普通みたいですね。

SugarDaddyとpatersの比較表

では上記で挙げた特徴を元にシュガーダディとペイターズの比較を表にしました。

SugarDaddy paters
検索機能
掲示板 ×
年収証明
いいね機能 ×
メッセージ 誰にでも送信可能 マッチング後に送信可能
年齢層 女性 18~29歳 18~24歳
男性 30~40代 30~50代
顔写真登録 女性 多い 多い
男性 少ない 多い

検索機能

まず検索機能ですが、これはペイターズの方が詳細な条件を指定することができます。

シュガーダディで指定できるのは「年齢」「地域」「年収」「資産」「年収証明をしているかどうか」これだけになります。

ペイターズでは「年齢」「居住地」「年収」はもちろん、職業や結婚歴、身長、学歴、顔写真登録の有無などなど様々な条件を指定して検索することが可能です。

検索がしやすいのはペイターズの方ですね。

掲示板

掲示板があるのはシュガーダディのみです。シュガーダディでは掲示板を使って自分の存在をアピールできますが、ペイターズではそれができないため、「いいね」を押す以外にアピールをする方法がありません。

なくても困ることはありませんが、掲示板はあれば便利です。

メッセージ

メッセージ送信ですが、シュガーダディは誰にでも送信が可能でペイターズはマッチングした相手のみ送信可能です。

しかしペイターズでは「メッセージ付きいいね」というものを送ることができます。どうしてもマッチングしたい相手がいた場合はこの「メッセージ付きいいね」でアプローチをするといいかもしれません。

年齢層

どちらのサイトも女性は18~20代の若い女性がほとんどです。

男性はシュガーダディよりもペイターズの方が若干年齢層が高いように感じました。ペイターズの方が月額利用料金が高いことが関係しているのではないかと思います。

しかし両サイトともそんなに大きな違いがあるわけではありません。年齢層はほぼ同じと見て良いでしょう。

顔写真登録

シュガーダディは何故だか男性の顔写真登録者が少ないです。比べてペイターズは、男性会員も半数以上は顔写真を載せています。

パパ活にあまり顔は関係ないかもしれませんが、何となく顔写真登録をしてくれていた方が安心感はありますよね(笑)

とはいえ、メッセージで仲良くなってから顔写真を送ってくれる人もいますので、この辺りはあまり気にしなくてもいいかもしれません。

SugarDaddyとpatersの料金比較

料金ですが、どちらのサイトも女性は無料です。男性会員のみ月額利用料金が必要なります。

SugarDaddy paters
1ヶ月プラン 4,980円/月 10,000円/月
3ヶ月プラン 3,980円/月
(一括11,940円)
8,267円/月
(一括24,800円)
6ヶ月プラン 2,980円/月
(一括17,800円)
7,133円/月
(一括42,800円)
12ヶ月プラン - 5,400円/月
(一括64,800円)

ペイターズの方がシュガーダディの倍ほどの料金設定になっています。

ペイターズの料金設定は、はっきり言ってめちゃくちゃ高いです。出会いサイトに月に10,000円なんてなかなか出せるものではありませんよね。

しかし、だからこそペイターズの有料会員の男性は経済的に余裕があるということになります。

シュガーダディの料金設定も、通常のマッチングアプリに比べると高い方です。料金を高くすることでハイステータスな男性を絞っている感じがありますね。

まとめ:女性は両サイト併用がおすすめ

シュガーダディとペイターズ比較のまとめですが、女性は両方のサイトを併用して使うことをおすすめします。

それぞれのサイトを比較させてもらいましたが、どちらのサイトにも共通して言えるのは経済的に余裕のある男性が多いことです。両サイトに登録しておくことで、リッチな男性と出会うチャンスを増やすことができます!

女性はどちらも完全に無料で利用ができるので、併用利用して損をすることはありません。

一旦どちらも使ってみて、使いやすい方をメインにし、片方はサブサイトとして使っていくのが良いかと思います。

最初から片方に絞って使いたい…という方は、それぞれのメリットを参考にしながら使うサイトを決めてみてください。

SugarDaddyのメリット

  • 掲示板が使える
  • 年収証明をしている男性を検索できる
  • メッセージが誰にでも送信可能
  • デート可能日を登録しておけばお誘いがあるかも

patersのメリット

  • 検索の際、細かい条件を指定できる
  • 相手の「いいね」数で人気度を測ることができる
  • 顔写真登録をしている男性が多い
  • 月額利用料金が高額なため、有料会員の男性は経済的に余裕がある人が多い

 

両方のサイトを活用して、是非素敵な出会いを見つけてくださいね。

おすすめアプリ

Pairs(ペアーズ)

pairs3

累計会員数700万人越えの人気マッチングアプリ。恋活から婚活まで幅広く活用できる。安心・安全な出会いを提供しているので、婚活アプリ初心者の方にもおすすめ!

Omiai

恋をしよう

真剣な婚活をしているユーザーが多いマッチングアプリ。会員を人気順で見ることができるので、美女やイケメンを探しやすい。真面目な出会いを探したい人におすすめ。

タップル誕生

「趣味でつながる」をテーマにしたマッチングアプリ。出会いに積極的な男女が多いのでマッチング率はバツグン。恋人探し・ライトな出会いを求めている人におすすめ。

-パパ活

Copyright© ichigoichie[イチゴイチエ] , 2018 All Rights Reserved.